虎屈辱…巨人戦1000敗目 岩田粘れず6回途中7失点

[ 2015年4月5日 05:30 ]

<巨・神>3回、片岡(左)に先制3ランを浴びる岩田

セ・リーグ 阪神5-9巨人

(4月4日 東京D)
 自軍に引き寄せた流れを手放してしまった。阪神先発の岩田が勝負所で粘りを発揮できず5回1/3を7失点で降板した。

 「あの回ぐらいからバッターが合ってきた。それに対応しきれなかったのが情けない。阿部さんにうまく打たれた」

 悔やんだのは打線が2点差を追いついた直後の6回だった。先頭の坂本に左翼へ二塁打を許すと、1死三塁から長野には四球。一、三塁となって阿部を空振り2球で追い込みながら、5球目のスライダーをうまく右前に運ばれ勝ち越し点を献上した。一度狂った歯車は戻らない。続く金城に初球を中前打され、満塁となったところで降板を告げられた。

 「同点に追い付いた直後だったのに、粘りきることができず、悔しいです」

 1点差なら、まだ勝機はあったが、ピンチでリリーフした新人の石崎の制球が定まらず、結局この回6失点で試合の行く末は決まった。

 序盤も手痛い失点を喫していた。2回までは無安打投球を披露しながら、3回2死一塁から坂本に左前打で好機を拡大され、片岡に高めに浮いた直球を左翼席に運ばれる3ランを被弾。勝負所での制球ミスを巨人打線にきっちりと捉えられた。

 開幕2戦目を託された3月28日の中日戦(京セラ)では8回無失点の快投でチームのサヨナラ勝ちを呼び込んだ。良い流れで宿敵と対峙しながら、まさかの乱調。中西投手コーチも「白星を先行させるには、ああいうところ(6回)を抑えていかないと」と注文を付けた。

 球団の巨人戦通算1000敗目となり、自身もこれで13個目(8勝)を献上。開幕から2試合連続で白星に見放され、黒星も一つ先行した。20勝を目標に掲げる10年目左腕の巻き返しに期待したい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース