中日・大島 男だ!V打「八木さんが頑張っていた」

[ 2015年4月5日 05:30 ]

<中・広>八木(左)は3年ぶりのウイニングボールをポケットにしまいながら決勝打の大島とハイタッチ

セ・リーグ 中日3-0広島

(4月4日 ナゴヤD)
 中日・大島が黒田から決勝打を放った。5回2死一、二塁で、「八木さんが頑張っていたし、ここしかない。ここで打たなかったら男じゃない」と、高めのツーシームを振り抜いた。

 打球は、前進守備の左翼手の頭上を越え2点適時二塁打となった。「(黒田について)すごいピッチャーと思っていた。とにかく挑戦者の気持ちでいった」。1、2打席目は三振に倒れたが、この日最大の見せ場で期待に応えた。

 ▼中日・亀沢(5回2死二塁、黒田から中前へ適時打)前評判で圧倒されると勝負する前に負けてしまう。思い切りいきました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース