巨人ドラ3高木勇がプロ初完封!15年ぶり球団新人開幕ローテ2連勝

[ 2015年4月5日 16:15 ]

<巨・神>1回無死、鳥谷を一ゴロに打ち取り駆け出す高木勇

セ・リーグ 巨人3―0阪神

(4月5日 東京D)
 プロ入り2度目の先発マウンドに上がった巨人のドラフト3位ルーキーの高木勇が、9回を投げ2安打無失点の完封勝利。3月29日のDeNA戦(東京D)で球団55年ぶりの新人開幕カード先発白星に続き、球団新人ローテーション投手では00年の高橋尚(現DeNA)以来15年ぶりとなる2連勝。巨人の新人投手の完封勝利は11年の沢村以来。

 初回を内野ゴロで三者凡退に抑える上々の滑り出し。3回には先頭の梅野にこの日初安打となる右前打を許したが、続く藤浪に犠打を許さず無失点で切り抜けると、4、5回も三者凡退。6回、先頭の梅野に死球を与えたが、1死一塁から鳥谷を併殺打に打ち取った。

 打線は2回、阿部の右前打、セペダの四球、井端の犠打などで1死二、三塁とすると、亀井の打席で、阪神先発・藤浪の暴投の間に三走・阿部が生還。さらに亀井の左犠飛でこの回2点。7回には亀井の今季3号ソロで貴重な1点を加えた。

 阪神は先発藤浪が8回5安打3失点と粘投したが、打線が高木勇の前に沈黙した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース