西武・金子侑 中継プレーで致命的ミス…指揮官「まだまだ未熟」

[ 2015年4月5日 05:30 ]

<西・ソ>4回1死二塁、内川の打球を好捕するも、中継プレーで悪送球する秋山

パ・リーグ 西武0-2ソフトバンク

(4月4日 西武D)
 西武は守備の乱れで連敗を喫した。

 4回1死二塁で内川の中飛を、秋山がフェンス際で好捕。しかし遊撃手・金子侑の中継に入る位置が浅すぎたため、秋山が悪送球し、二塁走者・柳田の生還を許した。田辺監督は「遊撃手の中継の位置は基本中の基本。まだまだ未熟」と厳しかった。0―1の7回1死一、三塁では、投ゴロを岩尾が本塁に投げずに、二塁に送球。併殺崩れの間に、追加点を許した。指揮官は「やらなくていい1、2点。みすみす流れを与えているようなもの」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年4月5日のニュース