現役思い出す“外角高め”…掛布氏 ライバル江川氏から技あり一打

[ 2014年11月17日 05:30 ]

<巨・神OB戦>4回1死、掛布は江川から左越え二塁打を放つ

巨人―阪神OB戦 阪神0―10巨人

(11月16日 コボスタ宮城)
 ライバル対決は、阪神・掛布氏の技ありの一打に軍配が上がった。

 4回1死、カウント2ボール1ストライクからの外角高めを逆らわずに左越え二塁打。対決前には掛布氏がマウンドにまで足を運び、「1球で終わらせるのは失礼なので、初球は見逃すよ、という話をした。引っ張るとゴロになる。外野フライの方が良いだろうと思い流しにいった」と納得気味に振り返った。打たれた江川氏は「見事にやられました。現役のころも外角高めで痛い目に遭った。でも、若い時を思い出せた」と楽しそうに話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年11月17日のニュース