プイグ 攻守で躍動「きょうはチームがまとまっていた」

[ 2014年11月17日 05:30 ]

<大リーグ選抜・侍ジャパン>初回1死、プイグは左中間二塁打を放つ

日米野球第4戦 大リーグ選抜6―1侍ジャパン

(11月16日 東京D)
 大リーグ選抜のプイグは攻守で躍動した。

 初回に先制機を演出する左中間二塁打を放つと、3回にもモーノーの3ランをお膳立てする左翼線二塁打。5回にも左前打を放った。4回には筒香の右前へのライナーをダイビングキャッチ。「きょうはチームがまとまっていた。試合を重ねるごとに調子は上がっている」。来日以来5番を務めることが多かったが、この日はドジャースで慣れ親しんだ2番で本領を発揮した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月17日のニュース