偽審判がキレキレダンス披露!大リーグ“定番”スタンド大盛り上がり

[ 2014年11月17日 07:55 ]

<大リーグ選抜・侍ジャパン>三塁塁審に扮したパフォーマーが華麗なダンスを披露する

日米野球第4戦 大リーグ選抜6―1侍ジャパン

(11月16日 東京D)
 偽審判がブレークダンスで場内を沸かせた。

 大リーグでは定番のイニング間の余興で、5回表終了時、アストロズのマスコット・オービットが踊りながら三塁塁審に近付くと、その偽審判が突然キレキレの動きでダンスし、無表情のままグラウンドを後にした。これには侍ジャパンの小久保監督も大爆笑。シューメーカーは「いつ見ても楽しい。でもきょうの彼は相当うまかったね」と話していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年11月17日のニュース