“松井キラー”遠山氏 やられたけど「ファンの方も喜んでくれた」

[ 2014年11月17日 05:30 ]

<巨・神OB戦>2回2死一、三塁、遠山(中央)は松井(右)に適時二塁打を打たれ苦笑い

巨人―阪神OB戦 阪神0―10巨人

(11月16日 コボスタ宮城)
 現役時代に「松井キラー」と称されて名勝負を演じた阪神の遠山氏が2回2死一、三塁で松井氏を迎えたところで登板。

 松井氏には39打数10安打で、打率・256。この日は右翼へ適時二塁打を浴び悔しい結果に終わったものの「こういう機会じゃないと対戦できないし、(監督の)川藤さんにも配慮していただいた。ファンの方も喜んでくれたと思う」と久々の対戦を喜んでいた。

 ▼阪神・藪氏(5回1死から登板、松井氏に右前打浴びる)右膝のじん帯を痛めているので踏ん張れなかったが楽しかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月17日のニュース