工藤新監督 メジャー打撃は「飛んでいく音が違う」

[ 2014年11月17日 05:30 ]

<大リーグ選抜・侍ジャパン>ソフトバンクの工藤新監督(右)が東京ドームを訪れ内川と話す

日米野球第4戦 大リーグ選抜6―1侍ジャパン

(11月16日 東京D)
 ソフトバンクの工藤新監督が、日米野球のテレビ解説で東京ドームを訪れた。

 試合前には内川らからあいさつを受け、小久保監督と談笑。解説では、メジャーの打撃について「バットの芯で当たって(球が)飛んでいく音が違う」と絶賛。先発の藤浪には「メジャー相手にはこうした方が良い、という部分を反省して次に生かしてほしい」とエールを送った。最後は新監督として「とにかく一生懸命、自分がやれることを頑張っていきたい」と抱負を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月17日のニュース