カノ「故意じゃない」 ぶつけた西からの謝罪に笑顔で握手

[ 2014年11月17日 06:30 ]

試合前、松葉づえをついてグラウンドに姿を現したカノ

日米野球第4戦 大リーグ選抜6―1侍ジャパン

(11月16日 東京D)
 前日の第3戦で死球を受け右足小指を骨折した大リーグ選抜のカノはベンチから声援を送った。17日にもチームを離れ、帰国する見込み。

 練習中には死球を与えた西から謝罪を受け、笑顔で握手。「彼だって故意じゃない。残念だがこういうこともある。でもこのツアーに来られて楽しかったよ」と話した。所属球団のマリナーズは、カノの骨折について全治3~4週間と発表。12月中旬には野球の動きが可能になる見通しで「来年には問題ない」と付け加えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年11月17日のニュース