ア首位打者アルテューベ 面目躍如3安打 カノ離脱に奮起

[ 2014年11月17日 05:30 ]

<大リーグ選抜・侍ジャパン>5回1死一塁、小林の打球を処理したアルテューベが二塁を踏んで一塁に送球、併殺にする

日米野球第4戦 大リーグ選抜6―1侍ジャパン

(11月16日 東京D)
 モーノー同様、アルテューベも今季首位打者の面目躍如だ。

 3回に藤浪から右前打を放つと、5回には岩田から三塁内野安打。7回には武田から右中間へ二塁打と、全3投手から安打を記録した。「自分自身にプレッシャーをかけて臨んだ。全力でバットを振ることを考えた。貢献できてうれしい」。5回には二盗も決めるなど、同じ二塁手のカノが離脱した苦況で奮起した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年11月17日のニュース