PR:

阪神ドラ3駒大・江越 “タイガービーム”で刺した

<駒大・中部学院大>3回2死二塁、中部学院大・野間の中前打で本塁へ送球し、二塁走者をアウトにした駒大・江越

明治神宮野球大会第3日・大学の部準々決勝 駒大3―1中部学院大

(11月16日 神宮)
 獲物を狙う虎のようだった。1―0の3回2死二塁。駒大・江越は広島ドラフト1位・野間が放った中前打にチャージし、遠投120メートルの強肩で本塁にノーバウンド返球。同点の走者を許さなかった上、三塁に引き返した二塁走者をアウトにした。

 「ダイレクトでいける自信はあった。(先発の)今永を助けてあげたかった」。投手兼外野手だった海星(長崎)時代は最速143キロを誇った。大学入学後に外野手に専念し「上から投げ下ろすようにすると伸びる球が行く」と正確な送球を身につけた。2四死球で安打こそ出なかったが、4回には50メートル5秒8の俊足で二盗も決めた。名前は大賀(たいが)。阪神に3位指名され、縁を感じている。視察した中尾孝義スカウトは「肩と足は十分に見せてくれた。スケールの大きさは凄い」とうなった。

 ▼中部学院大・野間(江越の強肩で同点機を逸して敗戦)悔いはないです。(江越は)足も速いですし、自分と似たようなタイプ。

 ◆江越 大賀(えごし・たいが)1993年(平5)3月12日、長崎県生まれの21歳。小2からソフトボールを始める。西有家中では軟式野球部に所属。海星では甲子園出場はなし。駒大では1年春にリーグ戦デビュー。2年春、3年秋、4年秋に外野手部門でベストナインを獲得。昨年の日米大学野球で日本代表入り。1メートル82、83キロ。右投げ右打ち。

[ 2014年11月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム