文句なし本塁打と思ったら…柳田 驚がく弾丸ライナー二塁打

[ 2014年11月17日 05:30 ]

<大リーグ・侍ジャパン>8回1死、左前打で出塁する侍ジャパン・柳田

日米野球第4戦 侍ジャパン1―6大リーグ選抜

(11月16日 東京D)
 侍ジャパンの柳田が驚がくの打球を披露した。

 6回1死だ。「とりあえずバットに当てようと思った。入らんやろと思いましたけど」。2番手・ウーテンの甘いスライダーを振り抜いた打球は、弾丸ライナーで右翼後方へ一直線。本塁打と確信した右翼・プイグが一歩も動かないほどの当たりだった。ドライブ回転がかかりフェンス上部に直撃し、二塁打となった。

 3回は中前打、8回にはハンターの高めの直球に振り負けず左前に運び、今大会2度目の3安打猛打賞と奮起した。前日の第3戦は無安打で3三振。まだムラがあるがプロ入り初の2番で存在感を発揮した26歳は「やっぱ、3番の人(モーノー)のあの本塁打は凄かったっす。(打撃のタイミングに)間があるというか…」と感嘆の表情。初黒星を喫したが「最後(第5戦)はしっかり勝って終わりたいっすね」と切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月17日のニュース