侍・小久保監督 初黒星も淡々「最後の1本がなかった」

[ 2014年11月17日 05:30 ]

<大リーグ選抜・侍ジャパン>3回1死二、三塁、モーノー(右端)の3ランにベンチで渋い表情の侍ジャパン・小久保監督

日米野球第4戦 侍ジャパン1―6大リーグ選抜

(11月16日 東京D)
 打順を入れ替えた侍ジャパンの小久保監督だったが、チャンスであと1本が出なかった。

 一塁での起用が続いていた山田を本来の1番・二塁で起用。「自分のチームで慣れたポジションで使いたかった。個々の状態は悪くなく、安打は出たが、最後の1本がなかった」と淡々と振り返った。目標とした勝ち越しは前日に達成したが、全勝はならず。「さすがストレート系には強いな、という印象を受けた」とメジャーのパワーを実感していた。

 ▼坂本(7回2死一塁から代打で左前打)しっかり準備していた。積極的にいこうと思いました。結果が出てよかったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月17日のニュース