楽天・松井裕 課題のクイックで収穫 2回零封「バタバタせずできた」

[ 2014年11月17日 05:30 ]

 2年目の飛躍を目指す楽天・松井裕が岡山県倉敷市の秋季キャンプで紅白戦に登板。0―0の6回から2イニング(7回制)を3安打無失点に抑えて勝ち投手となり、今年最後の実戦登板で来季への手応えをつかんだ。

 6回は無死一、三塁、7回は1死三塁のピンチを迎えながら「課題のクイックでもバタバタせず、落ち着いてできた。ゼロに抑えられたし(来年の)春につながると思う」。今秋に取り組むクイックでも乱れず、要所で三振を奪う投球が光った。大久保監督は「先発か抑えかはこれからの補強次第。先発を獲れたら抑えで育成してもいいけど、今の状態なら相手は先発の方が嫌だろうね。うれしい悩みだよ」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月17日のニュース