初Vへ三重・中村監督 キーマンに・458の長野を指名

[ 2014年8月25日 11:45 ]

第96回全国高校野球選手権大会・決勝 三重―大阪桐蔭

(8月25日 甲子園)
 初優勝に挑む三重の中村監督は、試合のキーマンに打率4割5分8厘の1番長野を挙げ「塁に出ればほとんど得点につながる。投手を楽にできるかもかかっている」と語った。

 大一番を前にしても選手は淡々としており、チームの雰囲気は和やか。夏3度の優勝を誇る大阪桐蔭への気後れもないという。準決勝では打撃戦を制し15点を奪った相手打線に対し、エース今井は「中林の配球に任せて、丁寧に低めに投げればいい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月25日のニュース