前夜初回退場マートンみそぎ3ラン「チームとしてリズム乗った」

[ 2014年8月25日 05:30 ]

<広・神>前日の退場を払拭する3ランホームランを放ったマートン(右)はナインとハイタッチ

セ・リーグ 阪神8-2広島

(8月24日 マツダ)
 みそぎを終えた。2点リードで迎えた9回1死一、三塁。阪神・マートンのバットが火を噴いた。横山が投じた内角高め140キロ直球を、一閃(いっせん)。打球は低い弾道を保ったまま、左翼席最前列にまで到達した。5日のヤクルト戦(神宮)以来となる12号3ラン。「(今カードは)ボール球に手を出していたけど、最後の2打席は修正して、結果が出たので良かった」と声を弾ませた。

 前夜は球審のストライク判定を不服として暴言を吐き、退場処分を受けた。初回に5番打者を欠いたチームは、わずか1得点で惜敗。その責任を感じたマートンは8回1死一塁から、つなぎの気持ちを前面に出した右前打を放った。その後の逆転劇を呼ぶ一打に「8回はみんなでつないで点が取れた。チームとしてリズムに乗ってきて打線がつながった」。頼れる男が重い雰囲気を振り払った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月25日のニュース