9失点完投福島「勝ったけど自分の投球喜べない」

[ 2014年8月25日 05:30 ]

<大阪桐蔭・敦賀気比>5回2死二、三塁、一打同点のピンチを乗り切った大阪桐蔭・福島はガッツポーズ

第96回全国高校野球選手権大会準決勝 大阪桐蔭15―9敦賀気比

(8月24日 甲子園)
 大阪桐蔭のエース右腕の福島は9失点も160球を投げ抜き、完投した。初回に5失点。満塁弾を打たれるのも、9失点完投も「人生初です」と苦笑いを浮かべた。6回以降は1失点。セットポジションでテンポを変えるなど工夫して踏ん張った。ただ、15安打を浴びた結果に「勝ったけど、自分の投球は喜べない」と反省しきりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月25日のニュース