川崎は3打数2安打も…バント安打は「ちょっと失敗」

[ 2014年8月25日 06:05 ]

ア・リーグ ブルージェイズ1―2レイズ

(8月24日 トロント)
 ブルージェイズの川崎は24日(日本時間25日)、本拠地でのレイズ戦に「9番・二塁」で先発出場し、3打数2安打だった。

 3回に左前打、5回に一ゴロ、7回に四球、10回無死二塁では、バントが小飛球に。それが投前に落ちて内野安打となり、一、三塁と好機が広がったものの、後続が倒れた。打率は2割7分3厘となった。試合は延長10回、1―2で敗れた。

 ▼川崎の話(安打になったバントは)ちょっと失敗した。もうちょっと(勢いを)殺すつもりだったけど、思った以上に球が来ていた。(負けはしたが)最高の戦いだと思う。集中力を切らさずやっていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月25日のニュース