陽岱鋼2発“おかわり返し”!自己最多の19号

[ 2014年8月25日 05:30 ]

<日・西>お立ち台でポーズをとる陽

パ・リーグ 日本ハム4-3西武

(8月24日 札幌D)
 日本ハム・陽岱鋼が「おかわり返し」とばかり、2発を打ち上げた。同点とされた8回1死。「初球から本塁打を狙っていた。ここで打ったらヒーローになれると思った」と増田から右翼スタンド最前列へ決勝19号ソロを叩き込んだ。先制された3回にも左越え逆転3ラン。前日23日まで西武主砲・中村に2戦連続2発とやられっ放しだったが、この日は同じ1試合2発でやり返した。

 9回2死二塁のピンチでは、木村の中堅後方への飛球に背を向けて走りながら捕球するスーパープレー。攻守で勝利に導き、栗山監督も「一人で勝負を決めにいける野手は凄い」と称賛した。全4打点を稼いだ陽岱鋼はこれで自身のシーズン最多本塁打を更新。それでも「僕はチームが勝つことだけを考えている。あさって(26日の首位・ソフトバンク戦)からまた厳しい戦いが待っている」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月25日のニュース