ロッテ涌井 開幕に不安…2軍戦で炎上7失点「少し落ち込んでいる」

[ 2014年3月26日 05:39 ]

<日・ロ>3回、味方エラーの不運もあったがこの回、5点を失う涌井

イースタン・リーグ ロッテ8―7日本ハム

(3月25日 鎌ケ谷)
 4月1日の西武戦(QVCマリン)で本拠地開幕投手を務めるロッテの涌井が、イースタン・リーグ日本ハム戦(鎌ケ谷)に先発し、4回を9安打7失点(自責1)と不安を残した。

 最速は144キロを記録し、味方の2失策が絡む不運もあったが「言い訳をするつもりはない。少し落ち込んでいるけど、悩んでも仕方ない」と前を向いた。登板日は変更しない方針で、川崎投手コーチは「少しは腕が振れるようになってきた。次は相手を抑えることだけを考えてほしい」と信頼を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月26日のニュース