2戦目の杉内 立ち位置変幻自在「試合中に変えるかも」

[ 2014年3月26日 05:30 ]

開幕戦の準備が進む東京ドームで練習する(左から)小林、内海、菅野、宮国、杉内

 開幕2戦目となる29日の阪神戦(東京ドーム)での先発が濃厚な巨人の杉内が、試合の中でプレート板の立ち位置を変えながら投げる考えを示した。

 昨季までは一塁側を踏んでいたが、今季は制球の安定する真ん中でも練習している。21日のDeNA戦(東京ドーム)では一塁側に戻して好投したが「夏場に真ん中に戻すかもしれないし、試合中に変えるかもしれない」と状態に応じて変幻自在の立ち位置で臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月26日のニュース