岩瀬 間に合った!新人から16年連続開幕1軍 インフルから復帰

[ 2014年3月26日 08:07 ]

<中・神>6回に登板した岩瀬は1イニングを無失点に抑える

ウエスタン・リーグ 中日2―3阪神

(3月25日 ナゴヤ)
 さすがは鉄腕だ。18日にインフルエンザ感染が発覚し、一時離脱していた中日・岩瀬が、ウエスタン・阪神戦に登板。13日のソフトバンク戦以来中11日でのマウンドとなったが、病み上がりとは思えぬ安定感で1回を1安打無失点で、新人から16年連続となる開幕1軍入りを確定させた。

 「もう大丈夫。とにかく始まるなという感じ。後は開幕してからです」

 1死からゴメスには右中間二塁打を浴びたが、一二三を空振り三振、西田を捕邪飛に料理した。新球のカットボールも右打者の内角に4、5球試投し「前から使えると思っていたし、シーズンでも使います」と手応え十分。滑り込みでも開幕にしっかり間に合わせるのが、1年目から15年連続50試合登板の左腕ならでは。今年も守護神の座は不動だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月26日のニュース