横浜・渡辺監督 雨で初戦順延も「前向きに」インフルからも回復

[ 2014年3月26日 10:31 ]

インフルエンザから回復、ノックバットを振る横浜・渡辺監督

 甲子園球場で26日に行われる予定だった選抜高校野球大会第6日は雨のため中止になった。

 第1試合で対戦予定だった横浜(神奈川)と八戸学院光星(青森)は、それぞれ甲子園の室内練習場で調整した。横浜・渡辺元智監督は「中止は前向きに捉えたい」と話した。

 渡辺監督はインフルエンザから復帰。練習では元気にノックを打ち「思うとおりできているので大丈夫」と話した。

 17日の甲子園練習を欠席し、宿舎で療養を続けた。しっかりと本番に間に合わせた名将は「指揮官が体調不良じゃ士気が上がりませんから」と笑った。

 八戸学院光星の仲井宗基監督は「天気には勝てません」と残念がったが「いい練習ができた」と切り替えていた。 室内練習場で1時間半ずつ調整する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月26日のニュース