首の張りで開幕投手回避のダル 27日に本拠地で検査へ

[ 2014年3月26日 08:49 ]

ダルビッシュの状態について、厳しい表情で記者の質問に答えるレンジャーズのワシントン監督

 レンジャーズは25日、ダルビッシュ有投手(27)が首の張りのため、開幕戦となる3月31日(日本時間4月1日)のフィリーズ戦の先発登板を回避すると発表した。ダニエルズ・ゼネラルマネジャー(GM)は「故障者リストで開幕を迎える可能性も否定しない」と話し、26日(同27日)の精密検査の結果を見て今後の方針を決める。

 ダルビッシュは「もう少し時間がかかる。ぎりぎりまで(出られるように)したいと思っていたけど(チームに)迷惑もかけたくない。すぐ良くなることはないと思ったので」と話した。25日朝に状態を確認して決めたというワシントン監督は「体も心も良い状態になってほしい。不安を抱えて投げてほしくない」と説明した。

 大リーグ3年目で初の開幕投手に指名されたダルビッシュは、寝違えによる首の張りを訴えて21日のマイナー戦の登板を回避した。ダニエルズGMは復帰について「メジャーの試合に投げる前にちゃんと投げられる姿を確認したい」とマイナーなどで調整登板を挟む方針を示した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月26日のニュース