野上、2軍戦で4失点も…伊原監督は「信頼していますから」

[ 2014年3月26日 18:50 ]

 西武の野上がイースタン・リーグのヤクルト戦(西武第二)で先発し、6回2/3を8安打4失点で負け投手となった。開幕前最後の調整登板を「2ボール2ストライクから決め切れずに球数が多くなった。初球を打たれた」と反省した。

 4月2日のロッテ戦が今季初登板となる予定。試合を見守った伊原監督は「信頼していますから」と意に介さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月26日のニュース