もう大丈夫!鳥谷 6日ぶり本隊合流 背中張り消え開幕OK

[ 2014年3月26日 08:08 ]

今成(左)、新井良(右)と笑顔でダッシュする鳥谷

 背中の張りを訴えて別メニュー調整を続けていた阪神の鳥谷が、6日ぶりに1軍本隊に合流。シートノック、フリー打撃など通常メニューをすべて消化し、周囲をひと安心させた。

 「全然大丈夫です。(張りの部位は)前回と同じ所。(練習合流は)予定通り。開幕へ向けて無理して悪くなるよりかは、というところ(の判断)です。(守りも打撃も)大丈夫」

 12日に背中の張りを訴えオープン戦を3試合連続で欠場。18日のヤクルトとの練習試合で一度、実戦復帰を果たしたが、再び患部の状態が悪化して21日からのオリックス3連戦も欠場。チーム本隊から離れていた。

 この日のフリー打撃では背中に負荷が掛かるマスコットバットを使用して力強いスイングも披露。大きなフォロースルーも回復ぶりを物語っていた。和田監督も「十分振れている。大丈夫。強さもあった」と安堵(あんど)の表情を見せた。黒田ヘッドコーチも「間に合った。動けていたし大丈夫」と話した。

 鳥谷自身も開幕を見据えて、ここまで我慢をしてきた感じ。「(シーズンは)長いですからね」。26日にはシート打撃を予定。05年から9年連続全試合出場する、自他ともに認める「猛虎の要」。定位置に戻ってきたキャプテンが立ち止まることは、もうない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月26日のニュース