ダルビッシュ 首の張りで開幕戦登板回避決定…テキサスで検査へ

[ 2014年3月26日 01:34 ]

22日の練習中に首に手をやるレンジャーズのダルビッシュ

 レンジャーズは25日、ダルビッシュ有投手(27)が首の張りのため、31日(日本時間4月1日)のフィリーズとの開幕戦での先発登板を回避すると発表した。

 ダルビッシュは20日に首を寝違え、翌21日のパドレスとのマイナー戦登板を回避。オープン戦最終登板予定だった26日のマリナーズ戦も回避することが決定していた。

 ダルビッシュは21日には「単純に寝違え」と軽症を強調していたが、23日には「きのうよりマシだが、首の位置が完全におかしい。前に出ている」と説明。今後の登板予定は未定で、本拠地テキサスに戻って検査を受けるという。

 オープン戦はここまで4試合に先発し2勝0敗、防御率3・68と順調な仕上がりを見せていたダルビッシュ。開幕投手を務めれば、日本人投手としては野茂英雄、松坂大輔、黒田博樹に続く4人目の栄誉となるはずだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月26日のニュース