和田は4回2失点「得るものがあった」

[ 2014年3月26日 10:01 ]

エンゼルス戦に先発し、4回を4安打2失点のカブスとマイナー契約の和田

 カブスの和田は25日、アリゾナ州メサのエンゼルス戦に先発して4回を投げ、ソロ本塁打を含む4安打2失点だった。4三振3四球。勝敗は付かなかった。チームは4―8で負けた。

 カブスとマイナー契約の和田は4回2失点とまずまずの出来だった。初めてプレートの三塁側を踏んで投球したそうで「きょうは一つ勉強できた。体調や打者によって変えることが可能になる」と手応えを話した。

 試合前まで防御率は11点台だったが、オープン戦最後の登板で復調の兆しが見えた。「ストレートで空振りが取れたりチェンジアップが自分特有の落ち方に戻ったり、得たものがあった。これで終わりではない」と、昇格への意欲を新たにしていた。

 ▼和田の話 ストレートで空振りが取れたりチェンジアップが自分特有の落ち方に戻ったり、得るものがあった。これで終わりではない。ここから自分の投球を良くしていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月26日のニュース