今治西 4番不在響いた…わずか3安打、22三振の雪辱ならず

[ 2014年3月26日 05:30 ]

<桐生第一・今治西>2回1死二塁、久保に2点目となる適時二塁打を打たれガックリの今治西・神野

第86回選抜高校野球大会1回戦 今治西1―5桐生第一

(3月25日 甲子園)
 今治西(愛媛)は4番不在が響いた。福原が2日前から体調不良を訴え、インフルエンザの疑いがあるとして、ベンチから外れた。

 主砲を欠いた打線はわずか3安打で、9回2死三塁から相手の失策で1点を返すのが精いっぱい。桐光学園の松井裕(現楽天)に22三振を喫した12年夏以来の甲子園も力を発揮できず。代役4番の秋川は無安打に終わり「福原さんの代わりといかなくても、それに近い働きをしたかった。申し訳ない」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月26日のニュース