青木 またサイ・ヤング賞投手から2安打!「すごく満足している」

[ 2014年3月26日 12:44 ]

マリナーズ戦の5回、左翼線二塁打を放つロイヤルズ・青木

オープン戦 ロイヤルズ6―9マリナーズ

(3月25日 サプライズ)
 ロイヤルズの青木は「1番・右翼」で出場し、5打数2安打1打点だった。内容は左前打、三ゴロ、左翼線二塁打(打点1)、見逃し三振、二ゴロ。チームは6―9で敗れた。

 青木が、2010年にサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を獲得したマリナーズの右腕ヘルナンデスから2安打を放った。1回に速球を左前に運ぶと、5回も速球を左翼線へ。どちらもコンパクトなスイングで、逆方向にはじき返した。

 23日にもサイ・ヤング賞2度の右腕リンスカムから技ありの一打を放っている。

 メジャー3年目の青木は、今キャンプについて「過去2年より順調」と話す。ウィーバーやヘルナンデスといった好投手との対戦をオープン戦でも積み重ね、開幕に向けて順調に歩を進めている。

 ▼青木の話(ヘルナンデスは)いい投手。こういう投手から1本でも打てたら、と思ってやっていた。いい形で、いい場面で打てた。すごく満足している。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月26日のニュース