バレ キャンプ参加可能に 渡航許可、出廷しなくてOKに

[ 2014年1月25日 05:30 ]

フロリダ州マイアミ市の裁判所に出廷するバレンティン

 米国で妻への監禁と暴行の疑いで逮捕され、保釈中だったヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が24日(日本時間同日夜)、フロリダ州マイアミ市の裁判所に出廷し、日本への渡航が認められた。

 弁護人によると、2月3日に行われる次回の審理には出廷の必要がなく、逃亡の恐れがないとして1日から始まる春季キャンプに参加できる見通しとなった。バレンティンは12日に離婚協議中のカーラ夫人宅に窓から侵入。逃げるカーラ夫人の腕をつかみ、寝室の鍵をかけて監禁したとして逮捕されたが、15日に夫人への接触制限を条件に保釈金5万ドル(約515万円)を支払い保釈されていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース