マー君 高額契約も手取りは半分以下 カブスの方がもらえた!?

[ 2014年1月25日 05:30 ]

トンボを手にブルペンを後にする田中

 投手史上5番目の高額契約を結んだ楽天・田中だが、「手取り」は半分以下になることが分かった。

 米国の税制改革協議会によると、連邦税にニューヨーク州とニューヨーク市の地方税を合わせると、田中が支払う所得税率の合計は56.1%で、7年間で得る実際の収入は6800万ドル(約70億400万円)という。

 ニューヨーク州の地方税は全米でも高いことで有名。田中争奪戦にはダイヤモンドバックスとカブスも最終候補に残っていたが、両球団が本拠を置くアリゾナ州フェニックスとイリノイ州シカゴはニューヨークよりも地方税が低い。同協議会の試算では田中はヤ軍と契約したことでダ軍かカ軍のいずれかと契約するよりも約1200万ドル(約12億3600万円)多く税金を払うことになるという。

 

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース