気仙沼に勇気を!東陵 センバツ初切符「明るいニュース」

[ 2014年1月25日 05:30 ]

センバツ出場決定を喜ぶ東陵ナイン

第86回選抜高校野球出場32校決定

(1月24日)
 初のセンバツ出場に、東陵(宮城)ナインは涙を流して抱き合い、帽子を飛ばして喜んだ。

 88年夏の甲子園に出場した同校OBの千葉亮輔監督は「地元には明るいニュースだと思う。地域の方にはいつも声をかけてもらって、声援が力になった」と喜びをかみしめた。同校は3年前の東日本大震災で、甚大な津波被害を受けた宮城県気仙沼市にある。エースの佐藤は「いい投球ができるように全力を尽くしたい」と、被災地を勇気づけることを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース