清峰時代にV 山梨学院大付・吉田監督再び 2県で優勝なるか

[ 2014年1月25日 05:30 ]

自ら考案した丸太トレーニングを行う選手を見守る山梨学院大付の吉田監督(中央)

第86回選抜高校野球出場32校決定

(1月24日)
 09年に清峰(長崎)を率いてセンバツ優勝を果たした山梨学院大付の吉田洸二監督が、再び聖地に帰ってくる。昨春監督に就任し、わずか10カ月で甲子園出場。

 「生徒には全力を出し切ってほしい」と喜ぶナインを見つめた。「2県をまたいで優勝した監督は原貢さん(東海大相模、三池工)しかいないと聞いた。頑張りたい」と指揮官は表情を引き締めた。

 ▼巨人・松本哲(02年度卒) 20年ぶりの快挙に、先輩として誇らしく思う一方、野球人としてうらやましく思います。大舞台で野球ができる喜びを感じながら、臆することなく戦ってください。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース