ジーター マー君に期待「大きな力になる」

[ 2014年1月25日 10:33 ]

 ヤンキースの主将を務めるデレク・ジーター内野手が24日、新たにチームメートとなる田中将大投手を歓迎した。

 AP通信によると、練習を行うフロリダ州タンパで「自分が聞く限りでは、チームの大きな力になるはず」と期待を込めた。

 昨季のヤンキースはプレーオフ進出を逃し、先発のペティット、守護神リベラが引退。2人とともに長年チームを支えた39歳のジーターは「野球は投手ありきだ。いい投手がいれば、それだけ勝つチャンスが増える」と田中の加入を喜んだ。

 ジーターは2012年10月に左足首を骨折。昨季は17試合の出場で打率1割9分に終わった。今週から軽めの打撃と守備の練習を始め、「調子はいい」と好感触を口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース