ソフトB大場 ヤ軍黒田から金言 制球難克服なるか

[ 2014年1月25日 05:30 ]

ブルペンで投げ込む大場

 ソフトバンクの大場がヤンキース・黒田から金言を授かった。6年目の昨季は2勝止まり。

 制球難を克服できなかったが、米ロサンゼルスでの自主トレでトレーニング施設が同じだった黒田から「1ストライクと1ボールでは被打率が違う。初球は大事。ただ打者は3割打って一流。カウントによってはアバウトに投げるのも大切」と助言をもらった。西戸崎室内練習場で練習を再開した大場は「不安に思いマウンドへ立つのと、そうでないのとでは違う」と言葉に力がこもっていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース