智弁学園・岡本 最低一発「バックスクリーンへいきたい」

[ 2014年1月25日 05:30 ]

センバツ出場を決め、帽子を投げ喜ぶ岡本(中央)ら智弁学園ナイン

第86回選抜高校野球出場32校決定

(1月24日)
 高校通算56本塁打をマークしている智弁学園(奈良)の右の大砲・岡本が、バックスクリーン弾を目標に掲げた。

 「打率は絶対に5割を残してホームランも1本は打ちたい。バックスクリーンへ一発いきたい。自分の打球を全国の人に見せたい」と豪語した。試合展開によっては三塁からマウンドに上がる可能性がある4番は「チームとしては全国制覇」とフル回転を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース