海南 小野田元少尉に贈るセンバツ切符 「不撓不屈」の精神で

[ 2014年1月25日 05:30 ]

校長室に飾られている小野田寛郎氏揮毫(きごう)の「不撓不屈」襖レプリカと、高垣校長

第86回選抜高校野球出場32校決定

(1月24日)
 海南(和歌山)が21世紀枠で27年ぶりの出場を決めた。同校は終戦を知らずにフィリピン・ルバング島で30年間過ごし、今月16日に死去した元陸軍少尉の小野田寛郎さんの母校。

 校長室には小野田さんが「不撓(ふとう)不屈」と揮毫(きごう)した金色の襖(ふすま)のレプリカが飾られている。森本直寿(なおとし)監督は「公立で、どこにでもある学校が、コツコツやってきた成果が認められたと思う」と感慨深げに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月25日のニュース