今宮 パ最多タイ58犠打 淡々「記録は意識していない」

[ 2013年9月23日 19:47 ]

パ・リーグ ソフトバンク5―4ロッテ

(9月23日 QVCマリン)
 3犠打を決めたソフトバンクの今宮が今季58犠打とし、2007年に田中(当時日本ハム)がマークしたパ・リーグのシーズン最多記録に並んだ。

 この日は1番の中村が4度出塁。2番打者は「ああなるとチーム打撃が自分の仕事になる。記録は意識していない」と淡々と話した。

 ▼松田(7回に勝ち越し打。亜大の後輩の東浜と一緒に活躍し)「シーズンの最初からやりたかったけど、ようやくできて良かった」

 ▼秋山監督(初勝利の東浜に)「試合をつくった。投げっぷりが良かったな」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース