三浦 2桁勝利お預け、7回1自責も拙守響く 悔しがる指揮官

[ 2013年9月23日 18:51 ]

セ・リーグ DeNA4-7中日

(9月23日 横浜)
 DeNAの三浦は拙守に足を引っ張られ、4年ぶりの2桁勝利を手にできなかった。1回1死一塁では二盗阻止を狙った黒羽根の悪送球が失点につながり、2回の失点も失策絡み。7回3失点(自責点1)にまとめたが、黒星を免れるのがやっとだった。

 3回に岩崎に一発を浴びた後の4~6回はいずれも三者凡退と尻上がりの調子だった。三浦は「悪いなりに何とか踏ん張れた」と淡々と話し、中畑監督は「2年間(監督を)やって、一人くらい2桁投手を出したいよ」と悔しがった。

 ▼中畑監督(ミス連発を嘆き)「レベルの低いミスをしたら負けるのは定石。うちらしくない」

 ▼DeNA・友利投手コーチ(三浦に)「悪いなりにコントロールできたのはベテランらしい」

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年9月23日のニュース