オリ 延長戦は11戦2勝 あきれる指揮官「毎回のことだね」

[ 2013年9月23日 19:52 ]

10回オリックス1死満塁、川端の遊ゴロで本封される三走糸井。捕手炭谷

パ・リーグ オリックス2―3西武

(9月23日 京セラD)
 オリックスは延長戦で競り負けた。2試合連続の延長サヨナラ負けからスタートした今季、11度の延長戦で2勝だけ。森脇監督は「毎回のことだね」とあきれ返った。

 特に10回1死満塁では犠飛さえ出ず、サヨナラ機を逃した。11安打でも11残塁の拙攻で2試合連続の1点差負け。指揮官は「勝負強くなるにはもう少し時間がかかりそう」と苦悩の色を濃くした。

 ▼松葉(一回に2失点)「先頭打者に粘られて四球を出してしまったことが全てだと思う」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース