伊志嶺 プロ初本塁打「打てて良かった」ルーキー好投もリード

[ 2013年9月23日 19:55 ]

6回楽天無死、伊志嶺が右越えに本塁打を放つ

パ・リーグ 楽天5―0日本ハム

(9月23日 札幌D)
 楽天の伊志嶺がプロ初本塁打を放った。4―0の6回の先頭打者で、多田野の速球を右翼席へ運んだ。6年目での初アーチに「ずっと、打ちたいというのはあった。打てて良かった」と喜んだ。

 この日は嶋に代わって先発マスクをかぶった。「宮川を何とか(引っ張りたい)と思っていた」との言葉通りルーキーの好投を引き出し、攻守で貢献した。

 ▼銀次(3回に2点二塁打)「打ったのはフォーク。我慢して打つことができた」

 ▼ジョーンズ(3回に2点中前打)「前進守備の内野の間を抜くことを考えていた。狙い通りの打撃ができた」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース