済美 安楽 右肘違和感で降板 県大会敗退、センバツ絶望的に

[ 2013年9月23日 06:00 ]

<済美・西条>試合に敗れ通路で肩を落とす済美・安西

高校野球秋季愛媛県大会1回戦 済美2―4西条

(9月22日 坊っちゃん)
 今春センバツ準優勝校で、157キロ右腕の安楽智大(2年)擁する済美が、秋季愛媛県大会1回戦で西条に敗れ、来春のセンバツ出場が絶望的となった。

 先発した安楽は3回1死一、二塁の場面で右肘の違和感を訴え降板。初回の投球練習の7球目にすでに異変を感じていたという。「自分から無理だと言いました。これ以上、迷惑はかけられない」。右翼に回り、9回には右翼席中段へ2ランを放ったが2―4で敗戦。反撃も一歩及ばなかった。

 上甲正典監督は「2日前から肘の調子がおかしそうだった」と明かした。10日には今夏の甲子園優勝投手の高橋光成(こうな=2年)擁する前橋育英が、秋季群馬県大会の2回戦で太田工に敗退。これで来秋ドラフトの目玉といわれる2人が、県大会で姿を消した。

 ◇愛媛県大会
 (坊っちゃんスタジアム)
 ▽1回戦
西 条 202 000 000─4
済 美 000 000 002─2
 (西)島田―柳瀬
 (済)安楽、宮田、山口―宇都宮
 [本]安楽(済)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年9月23日のニュース