ヤンキース、リベラ投入も実らず…プレーオフ進出厳しく

[ 2013年9月23日 09:46 ]

インターリーグ ヤンキース1―2ジャイアンツ

(9月22日 ニューヨーク)
 ヤンキースは1―2の8回1死二塁から、試合前に引退式典に臨んだ抑えのリベラを投入したが、打線はそれに応えることができず1点差で敗れた。3試合連続で1番に座ったイチローも2度の空振り三振を喫するなど無安打。プレーオフ進出が一層厳しくなる敗戦となった。

 イチローはリベラについて「後ろ姿がさまになる」と感慨深げだった。マリナーズ時代の2009年にサヨナラ本塁打を放つなど対戦成績は優位だったが「誰が一番ヒットを打つのが難しいか、毎年の上位5人を挙げればマリアノ(リベラ)は常にそこにいた」と話した。

 ▼イチローの話(引退式典に臨んだリベラと)最初に対戦したときはショックだった。そう思わせる数少ないピッチャーだった。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース