長嶋さん「原監督は時代の先を行く野球観を完成させた」

[ 2013年9月23日 06:00 ]

<巨・広>優勝を決めて胴上げされる原監督
Photo By スポニチ

 【長嶋さんら関係者の声】

 ▼巨人・長嶋茂雄終身名誉監督 シーズン序盤からチームとしてよく機能して他を圧倒し、危ういと思える時期がほとんどなかった。野手では移籍2年目で本来の力量を発揮した村田、また投手では新人ながら先発ローテーションを守った菅野の活躍が、大きな決め手になった。原監督は、時代の先を行く野球観を完成させた、という印象。思う通りに兵を動かしており、大事な場面でダブルスチールを敢行し、一方で中軸にも躊躇(ちゅうちょ)なくバントを命じるなど、大胆さと緻密さを併せ持った采配は、まさに円熟の境地だ。悲願の日本一連覇をぜひ、達成してほしい。

 ▼加藤良三コミッショナー 読売巨人軍の2年連続35度目のリーグ優勝に心よりお祝い申し上げます。開幕から7勝1分けと開幕ダッシュに成功し、セ・パ交流戦後半の6月13日に首位に戻った後は一度も首位の座を譲ることのない見事な戦いぶりでした。監督として10年目を迎えた原監督も、見事な采配で6度目のリーグ優勝と、名実とも名将にふさわしい実績だと思います。

 ▼巨人・白石興二郎オーナー 阪神が負けてリーグ優勝が確定している中で、自力で勝ち星を挙げて優勝に花を添えたことはよかった。(原監督は)10年目にして長嶋監督のリーグ優勝を超えた。大胆、細心を合わせて試合を運んだ。指揮官としての実績と経験が浸透した証だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース