メッセ3安打完封で12勝目!阪神のCS進出決定

[ 2013年9月23日 16:50 ]

<神・ヤ>8回2死一塁、メッセンジャーは代打・田中浩を遊ゴロにしとめガッツポーズ

セ・リーグ 阪神2―0ヤクルト

(9月23日 甲子園)
 さあCSで巨倒だ!阪神は先発のメッセンジャーが3安打無四球完封で今季12勝目。リーグ優勝は逃したが、3年ぶりとなるクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。

 圧巻の投球だった。3回までは1人の走者も出さないパーフェクトピッチング。チームが2点を先取した直後の4回に山田に初安打を許したものの、全く動じず、5、6、7回を3者凡退。8回に2本目のヒットを許し、9回は先頭の代打・宮本に右前打を許したが、山田を三ゴロ併殺、最後は上田を二ゴロに仕留め、116球で約1カ月ぶりの白星を手にした。

 今季、ヤクルト戦は5勝負けなし。本塁打王を独走するバレンティンをわずか1安打に封じている。「(バレに打たれてにないのは)攻めている結果。きょうは何としても連敗を止めた勝ったので(勝てて)気持ちいい」とメッセンジャー。

 この勝利でチームのCS進出が決定。助っ人右腕は「必ず2位をキープして、プレーオフでは優勝できるよう、自分の仕事を全力でしたい」と甲子園を埋めたファンに誓った。

 ヤクルトは村中が7回7安打2失点と力投したが、8敗目。ヤクルトは3年ぶりにBクラス(4位以下)が確定した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース