広島 初CS進出足踏み、最終回一打同点も不発 指揮官切り替え

[ 2013年9月23日 18:41 ]

セ・リーグ 広島3―4巨人

(9月23日 東京D)
 広島は2連敗を喫し、初のクライマックスシリーズ進出へ足踏みとなった。先行されたが中盤から1点ずつ返し、3―4の9回2死から連続四死球で一打同点の好機を得たが、最後は3番のキラが二ゴロに倒れた。

 24日からは4・5ゲーム差に縮まった4位中日と敵地で対決する。野村監督は「今の自分たちの野球をする。全員で立ち向かっていく」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース