ルーキー東浜がプロ初勝利!ソフトバンク連敗ストップ

[ 2013年9月23日 16:32 ]

プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールを手にポーズをとるソフトバンク・東浜

パ・リーグ ソフトバンク5―4ロッテ

(9月23日 QVCマリン)
 ソフトバンクはドラフト1位ルーキー東浜がプロ入り初勝利を挙げ、チームの連敗も3で止まった。

 4月18日以来3度目の登板となった右腕は6回3安打3失点3奪三振で降板。本塁打2発を浴びたが、変化球中心の投球で崩れることなく要所を抑えた。

 打線もルーキーを盛り立てた。東浜が同点弾を浴びて3―3で迎えた7回に2死満塁から松田が2点適時打を放ち勝ち越し。7回からは3投手の継投で猛追するロッテを振り切った。

 ロッテはソフトバンクに一昨年から6連勝中だった唐川が先発したが、11敗目(9勝)を喫した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月23日のニュース