森脇監督 頭抱えた「これが現状の力」 8年連続西武戦負け越し

[ 2013年9月23日 06:00 ]

<オ・西>西武に逆転負けし厳しい表情の森脇監督(中央)

パ・リーグ オリックス1-2西武

(9月22日 京セラD)
 オリックスは痛恨の逆転負けで、連勝は4で止まった。

 李大浩(イ・デホ)が4回に先制の適時二塁打を放ち5試合連続打点を記録した以外は拙攻の連続。森脇監督は3回の安達の見逃し三振や、8回の宮崎の走塁ミスなどを例に挙げ「これが現状の力。課題がいっぱいある」と頭を抱えた。1点を追う8回には李大浩が敬遠された2死満塁でバルディリスが二飛。「4番頼み」から脱却できず8年連続の西武戦負け越しが決まった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年9月23日のニュース